遊んでいる土地の有効活用

遊んでいる状態の土地を放っておいては利益が出ません。有効活用をしましょう。 - 遊んでいる土地の有効活用

遊んでいる土地の有効活用

thsrhts
土地はずっと遊んでいる状態というのは利益を生み出さないですし、固定資産税が一番かかる形にもなります。そういう状態なのを防ぐために土地の有効活用を行うのが一般的です。土地の有効活用には土地売却するというのもありますし、そのままの状態で貸すというのもありますし、何かを立てて収益を上げるというのもあります。土地活用には売買を含めていろいろな方法がありますので、土地査定をした上で自分たちのニーズを満たす形を追求する必要があります。

土地に建物を建てて活用する形

建物を建てるとなると住宅用途や店舗、事業所、倉庫、工場などの種類が考えられますが、土地活用の形として多いのは住宅や店舗ではないでしょうか。住宅用途であれば集合住宅や建売住宅、戸建賃貸、シェアハウスなどが考えらえます。住宅を建てる場合はなかなか手放すことをしないわけですので、長期間の契約になりやすいです。
都市部に近く交通の便が近いというのであれば、アパートやマンションなどの集合住宅が考えられますが、人口が少ないのであれば集合住宅は不向きで、戸建て向けの宅地提供がいいでしょう。個人用の戸建て住宅用の土地というのはあまり広すぎると借り手が付きませんので、その場合は分筆が必要になってきます。
沿道で交通量がある場所であれば商業用途として利用することができます。ただし、商業用途として活用するのであれば、土地の広さによってある程度業態が決まってしまう可能性が高いです。土地の所有者としては持ち出しが無く、建物は事業者が建てますし、土地の整備代金は事業者が立て替えて、賃料から控除される形式が一般的です。ただし、経営状況ですぐに撤退する可能性もありますので、それなりのリスクがあります。

建物を建てる場合の注意点

建物は借主が建ててくれますので、土地の所有者が用途を考える必要はないです。ただし、空き地であればどんな建物でも建てられるというわけでもありませんし、根本的に需要が無ければ建てたとしても収益が出ないということになります。
貸した土地の建物が立つと借主に借地権が発生し、長期間にわたって貸す必要がありますので、それがネックということであれば、定期借地契約の利用を考えた方がいいです。

土地に建物を建てないで活用する形

土地だけを貸すということであれば、借主としては土地に建物以外の何かを置きたいわけです。建物以外の何かと言うと、自動車を置く駐車場や太陽光パネルを野立てする太陽光発電、コンテナを置くトランクルームなどが当てはまります。
太陽光発電に使われる設備は構造物でありながらも建物という扱いを受けないのがメリットになります。太陽の光を最大限に受けられる南向きに設置することができて、送電線が近くにあれば地目を問わずに土地活用が可能です。10年ぐらいで初期費用が回収できるので、長期間やればやるほどもうかります。
駐車場の場合は投資コストをそれほどかけなくても行うことができる代わりに、収入は少ないのが特徴で、一般的にローリスクローリターンの土地活用です。住宅が密着していて人が集まりやすいところであれば駐車場経営の可能性があります。

自分たちにとってふさわしい方法を選ぶべき

更地のままずっと持っているのは所有者としてはあまり得をしない形になります。そのため、何らかの土地活用をする必要があります。売却するにしろ、貸すにしろ、自分たちが何かを建てるにしろ、自分たちが得するような形で展開をするべきです。

更新情報