ダイエットになかなか成功しない女性のために本当に役立つダイエット情報をまとめてお知らせしているサイトです。

女性のためのダイエット情報まとめサイト

【新事実】男女ともに痩せやすい睡眠が取れていないことが判明!

投稿日:


からだのデータから分析、肥満率の高さ第1位の都道府県は? - マイナビニュース
加えて、睡眠専門医の遠藤拓郎先生の監修のもと、 睡眠時間とBMI値の関係の分析も実施。 遠藤先生によると、睡眠時間別に平均BMI値を確認すると、 男性は睡眠時間が「7時間」または「7時間30分」の人が、 女性は睡眠時間が「7時間」の人が、 最もBMI値が低いことが見て取れるという。 一方、 睡眠時間別に ...
(出典:マイナビニュース)


睡眠 (睡眠時間からのリダイレクト)
風呂に入浴中の居眠りは溺死の危険性がある。 2001年2月に発表されたNHKの調査によると、日本人の平均睡眠時間は平日で7時間26分、土曜日で7時間41分、日曜日で8時間13分であった。2014年の調査では平均睡眠5時間44分と、世界最悪の水準まで短くなっている。 無意識や文化的背景に影響される就寝行動を就寝形
40キロバイト (5,431 語) - 2018年2月7日 (水) 05:16



(出典 www.d-healthcare.co.jp)


痩せやすい睡眠時間を

確保している人もいると思いますが、

調査をしてみると、平均して、

男女ともに、

痩せるための睡眠時間が、

確保できていないことが分かったようです。


今の科学では、

痩せやすい睡眠時間は、

男性 → 7時間
女性 → 7時間30分

が必要なんだそうです。

でも、実際は、男女どちらも、

1時間余り睡眠不足

なんだそうです。

そこで、痩せやすい睡眠時間について、まとめてみましたので、ご覧ください。
~管理人からの一言~

1 白夜φ ★@\(^o^)/ :2016/12/14(水) 01:40:40.32 ID:CAP_USER.net

寝不足はダイエットの敵~睡眠時間が足りないと甘いものがほしくなる理由

筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構(WPI-IIIS)のミハエル・ラザルス准教授らの研究グループは、レム睡眠量を減少させると、ショ糖や脂質など、肥満につながる食べ物の過剰摂取が引き起こされる原因の一端を明らかにしました。
食べ物の味や香り、食感などの嗜好を判断する役割を担う脳部位である前頭前皮質の神経活動を抑制したマウスでは、レム睡眠量が減少しても、ショ糖の摂取量は増加しませんでした。
一方、脂質の摂取量は、前頭前皮質の神経活動抑制の影響を受けることなく、対照群と同様に増加しました。
このことから、睡眠不足の状態にあるとき、体重を増加させる可能性のある、ショ糖が多く含まれる食べ物を摂取したくなる欲求は、前頭前皮質が直接的に制御している可能性が示唆されました。
--- 引用ここまで 以下引用元参照 ---

▽引用元:筑波大学 注目の研究 2016/12/07
http://www.tsukuba.ac.jp/attention-research/p201612071400.html


続きを読む

-未分類
-

Copyright© 女性のためのダイエット情報まとめサイト , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。